美容室でのトリートメントを劇的に長持ちさせる方法

「美容室でトリートメントをしてもあまり長く持ちません。長く保つためにどうしたらいいですか?」

最新コロナ対策 高機能換気導入

せっかくびようしつでやってキレイになってもすぐに元に戻ってしまっては
悲しい気持ちになりますよね。

では、
#トリートメント を劇的に長持ちさせる超絶簡単なポイント
3つに絞ってご紹介します!

【トリートメントを長持ちさせる3つのポイント】

  1. 自分の髪の毛にあったシャンプーを使用する
  2. 洗い流さないトリートメントは必ずつける
  3. 自然乾燥は絶対にNG自分の髪の毛に合った髪にシャンプーを使用する

 

  1. 自分の髪の毛にあったシャンプーを使用する

シャンプーの本来の役目は「汚れを落とすこと」です。
汚れを落とすためには洗浄力が必要です。

洗浄力が強ければ髪や頭皮に負担がかかり
トリートメントが流れ出てしまうイメージです。

最近はドラッグストアよりネットでサロン専売品が買えたり
調べるとたくさん情報がでてきますよね。

確実なのは
担当の美容師さんに相談することです。
私たち美容師は
【今までのシャンプー経験数×さまざまな髪の毛の質】

とんでもないほどの人数を経験してるんですね。

人それぞれ髪の毛の状態や髪質も違うし、
履歴によっても使用する
#ヘアケア も変わってくるわけなんです。

是非担当の美容師さんに聞いてみましょう!
(美容師さんの好みや流行もありますw)

2.洗い流さないトリートメントは必ずつける

洗い流さないトリートメント、別名 アウトバストリートメント ともいいます。
その名の通り、洗い流さないで髪にそのまま残ります。

ということは、髪の毛の表面、空気に触れて乾燥や摩擦から守ってくれるわけです。

髪の毛の内部のトリートメント成分を外への流出を防ぐ役目があるので
トリートメントをより長持ちさせたいときは、必須アイテムになりますね!

3.自然乾燥は絶対にNG

髪の毛が濡れると
髪の毛の表面であるキューティクルが開くんですね。

夏は暑いから
お風呂から上がり、タオルでクルクル巻きにして
少し乾くまで時間おいている!っていうお声をよく聞きます。

お気持ちはスペクタルわかるんですけどね。

髪のコンディションや場所によって
乾きの早いところ、遅いところ出てきて
ボサボサ、ふわふわになっちゃうんですね。

だからこそ、
髪の毛は早く乾かしたほうがよいのです。

ってなわけで
【トリートメントを劇的に長持ちさせる簡単な方法】でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

PS

インショウ オリジナル 頭皮と髪の毛に優しい

シャンプー、トリートメント、ヘアバームはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA