縮毛矯正の持ちってどのくらい?

こんにちは!

台風で強風でお店のドアが自動ドアみたいに勝手に空きますw

さて初めてのお客様からご相談を受けました。


『今まで縮毛矯正をかけても1か月もしないで自分でアイロンしているんです。。。

こういうものなんなのかなぁ。』


縮毛矯正をした髪の毛は基本的には

「かけた部分」は半永久的にまっすぐストレートになります。

でも「持ち」が悪いんです。というお声があるのですが、

それはなぜかというと、、、。

 

縮毛矯正がモチが続かない理由とは

1 もともとの地毛のクセが強い

2 縮毛矯正が弱すぎてクセがしっかりと伸びていない

3 しっかり縮毛矯正がかかっていてもダメージが出過ぎている

 

1.もともとの地毛のクセが強い

クセは顔回りや襟足、後頭部付近など場所場所によって

クセの強さが違うことが多いんです。

特に、顔回り、襟足、後頭部付近、もみあげなど

クセが強く縮毛矯正でも

【薬剤の選定とアイロンのやり方】で気を付けることが必要なんです。

特に、初めての方は履歴や薬剤パワーの選定が必要なので

当店では「髪の毛を傷めさせない」ためになるべく

最低限の薬剤パワーを最初使用していきます。

(撃沈することもありますけど。やり直しさせていただきます。)

2.縮毛矯正が弱すぎてクセがしっかりと伸びていない

実際に初めてのお客様で同じ悩みをお持ちの髪の毛をみると

ほとんどはかかってないんですね。

 

分かりやすく言うと、

【かかっているというのが認識の違い】

 

「このくらい伸びていれば問題ないよね。」

みたいなことがあるんですよね。

だけど、実際お店で担当させていただくとほぼ100%

【こんなにきれいにかかったことない!そして早いわね!」と言って頂けています。

 

今までの経験でお客様もご判断されることも多いので

早いかどうかはわかりませんが、

「縮毛矯正で半日も美容室にいたわ」と聞くので

その基準は人それぞれですしね。

縮毛矯正が上手な異次元クラスの美容師さんも必ずいるんです。

 

3.しっかり縮毛矯正がかかっていてもダメージが出過ぎている

これが一番わかりづらい原因かもです。。。

【クセの強い、硬め】の髪の毛は【強めの薬剤】

スフィンクスヘアーと僕は呼んでいます。

必要以上に髪の毛に負担がかかり

まっづぐ!にしかならなくなってしまうことが多いんです。

 

髪の毛にも「じっくりことこと」と薬剤を浸透していくことや

弱い薬剤であえてクセを残しつつ。などなど

やり方はたくさんあるので

正解はひとつではないのですね。

 

今までの縮毛矯正も

お客様自身が経験されてきたもの が正解でも不正解でもあるのです。

 

【どこをゴールにしていくか】をしっかり美容師と共有することが

大事なプロセスです。

 

【1番お買い得】予約 先着限定販売 今すぐLINEを!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA